世の中には無料で求人情報を掲載できるサイトが結構あるものなのですね。

ジョブセンスのように、採用決定時に成果報酬を支払うわけでもなく、完全無料と謳われています。

どういう会社(あるいは人)が運営しているのだろうかと思って見てみたのですが、ウェブの制作会社さんがやっていたりして、運営の動機やモチベーションがとても気になりました。

採用活動中の企業からしてみれば、無料で求人広告が出せて、良い人が採用できたら言うことないですよね・・。


使い方とか経験談をwebに書いちゃうとまずいんだろうか。

契約とかAPIの利用規約があるからきっとダメなんだろうな。

SiteCatalystのAPIはリファレンスが英語なので、
実装に関するナレッジは共有したほうがいいと思うんだけど。
(※日本語もあるにはあるけど、実装に際しては英語しか役に立たない)

API使うとExcelクライアントよりも詳細なことを自動でやらせることが出来て、世の中のマーケティング担当とかディレクターは救われると思うんだよなー。

1個自動化したかった作業が、日曜に実装を始めてさっき完成したのでうれしくなって、こんなエントリを書いてみた。


プロジェクトマネージメント能力を昇華させるために勉強できるコンテンツはないかいなと思い立ち、先ほど読んだ記事についてメモ。

http://jibun.atmarkit.co.jp/lskill01/rensai/pm01/pm01.html

■プロジェクトマネージャーの使命

それはプロジェクトを成功させること。

そのために、、

  • メンバー各位に重要事項を伝え、動機付けをする
  • チームのパフォーマンスを最大化するために配慮し、根回しする
  • 阻害要因を適切にコントロールする

をしなくてはならない。

■プロジェクトの阻害要因(PMBOKの定義)

それは、以下のとおり。

  • スコープ
  • 時間(スケジュール)
  • コスト
  • 品質
  • 組織
  • コミュニケーション
  • リスク
  • 調達(人・モノ)
  • 統合(上記すべての統合、という意味)

まずまずベーシックなことが書かれていて、まぁ普段何気なくやってることだわなーと思った。

けど、体系的に自分の脳にこれらがインプットされてるかと言われるとその域には達せていないと思った。

そういうわけで、キーボード叩いて手を動かして、少しでも脳に定着するようにとメモしてみた。


仕事をしていると、きちんと書かれた議事録や設計資料、実装に救われることがあります。

ある過去のアウトプットのおかげで効率よく仕事が進んだとき、過去の自分や諸先輩方に心から感謝します。

正確なアウトプットというのは時間が経過してもそのバリューは失われないのですね。まさに資産。

逆に、質の低いアウトプットに遭遇してしまい、一瞬で済むような仕事に2倍も3倍も時間がかかってしまったようなときは怒り心頭です。ほんと、負債以外の何でもないと思う。

資産的アウトプット、負債的アウトプットに出会う度に、将来の自分のため、将来の同僚のために、ひとつひとつの仕事に実直に真摯に取り組まねばならないと思います。


特に訳もないんだけれども。

今の時代、情報に色んな皮がかぶってて分かりづらくなってるだけで、世の中の原理原則や真理みたいもののほとんどには、小・中学生の頃に既に触れてたんじゃないか、って今日ふと思った。

それでそこからすごい飛ぶんだけど、マラソンも仕事も、途中で歩いたかどうかは自分が一番よく知ってるよなー、なんてことを考えた。

最後に、人生や仕事はマラソンのようにゴールがはっきりとしてないから、適宜自分で目標とマイルストーンを定義して、邁進していかないといけないんだなという考えに至り、今日という1日が終わった気分になった。

5月も残り4営業日となりました。アウトプットを意識して明日も頑張る。


iPhoneにて、サイトがSafariで開かれたのか、フルスクリーンモードで開かれたのか、以下のJavaScriptで判定できるらしい。覚え書き。

window.navigator.standalone;

フルスクリーンモードというのは、ホーム画面からサイトが起動されたときに入るモードのこと。

ソースはクロカワリュート(@180mm)さんのプレゼン資料「iPhone フルスクリーンモードとJavaScriptについて


近々引越しを予定してます。
今回は家の決定に際して3つの仲介業者を使ったんだけど、途中のやり取りで得た情報が参考になったので覚え書きしておく。

—-
・4月に向けて1?3月が繁忙期で、3末は物件の放出が収束する時期。
・エイブルとミニミニは仲介手数料が50?52.5%って宣伝してるけど、あれは自社が管理する物件のみのディスカウントである。
・エイブルとミニミニは仲介手数料が他社と相対的に安いことをウリにしているけど、そもそも自社物件を紹介しているのだから実は安くも何ともない。
・エイブルとミニミニは自社の物件を制約させるほうが金になるから、自社物件ばかり提案してくる。
・エイブルとミニミニだけ仲介業者業界の中で異色らしい。他は横のつながりがあるけど彼らだけは縦割りで横のつきあいがない。
・繁忙期は1日で3クライアントくらい案内をするらしい。
・何クライアントか約束をしているときは、1クライアントあたりの応対時間が減ってしまってケアが薄まる。
・仲介業者業界は、飲食店出身の中途採用者が意外に多い。
・賃貸用マンションのコスト改修は3年?(これは違うかも)
・マンションの管理会社とオーナーの間で結ぶ契約には結構種類があるらしい。(一括受注とか、戸数単位で複数社管理とか)
・管理会社がオーナーからもらう管理フィーや制約フィーも、契約によって様々。
・礼金は悪習であるという認識は、仲介業者業界にも広がりつつある様子。
・住宅金融支援機構から融資を受けて建てたマンションは契約更新料などの設定が良心的。
—-

以上。


かつての引越しの領収書を将来の参考に残してるんだけど、
如何せん紙なもんでいつ誤って消失してしまうか分からないのでブログに残しておく。

ということで以下はかつて経験した引越し2回の記録。

★大阪府大阪市生野区 → 神奈川県大和市中央林間
業者:くろねこヤマト
荷物の量:1人暮らしの荷物量 x 2人分
代金:¥80,000
日程:先方に主導権譲る。確か1月末の日曜くらいだった気がする。

★神奈川県大和市中央林間 → 品川区西品川
業者:ダック引越しセンター
荷物の量:1人暮らしの荷物量やや多め。
代金:¥33,500円
日程:先方に主導権譲る。日にちはこちらの都合である程度指定したが、時間帯は18:00を過ぎてからの搬出→移動→搬入だった。

今後、都内で引越しすることがあれば¥30,000以内に抑えたいすな


mysqlでテーブルをインポートしようとしたら、ERROR 1005 (HY000)というエラーが出た。

ぐぐってみたところ、なにやら外部制約のエラーみたい。

回避方法がdev.mysql.comのドキュメントに載ってたのでメモ。

mysql> SET foreign_key_checks = 0;
mysql> SOURCE dump_file_name;
mysql> SET foreign_key_checks = 1;

http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/en/innodb-foreign-key-constraints.html

というか、SOURCEってコマンド初めて知った。ローカルに作成したファイルからSQLを実行できる。
http://dev.mysql.com/doc/refman/5.1/ja/batch-commands.html


ubuntuでaptitude updateすると404エラーが大量に出たので、解決した方法をメモしておきます。

僕の管理してるubuntuは8.10だったんだけど、世間は9.04になっていたようで。。
404 Not foundが出まくる原因は、レポジトリに8.10のパッケージが収録されていないからだったようです。

サポート期限が終了したリリースは、old-releases.ubuntu.comに収録されます。

なので、Alt+F2でgksu gedit /etc/apt/sources.list 内のjp.archive.ubuntu.comを、すべてold-releases.ubuntu.comに置き換えることで(一応)利用できます。

ただし、できるだけ速やかに8.04までアップデートしてください。

https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=5356

/etc/apt/sources.listの中身を上述のサイトの説明どおりold-releases.ubuntu.comに置き換えたらうまく動きました。

あとは、http://www.ubuntulinux.jp/getubuntu/upgradingで説明されているとおりに、8.10から9.04にアップグレードして終了。


© 2015 Kotaro Masuda Suffusion theme by Sayontan Sinha